○ Profile

Michiluca

Author:Michiluca
Welcome!!

○ Michiluca's site
○ Calendar
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
○ New
○ Archive
○ Michiluca Only
Twitter

simon's tweets < > Reload

Search
QR
QRコード

--/--/--//-- * --:--
○スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



2011/05/02//Mon * 22:49
○ひさしぶりにライブやります!!

みなさま、
ゴールデンウィークに入りましたが、いかがおスゴシデスか?

私の予定は、(誰にも聞かれてませんけど、笑)
明日は野音にフィッシュマンズのライブを見に行き、
あさっては熊本から来る友人とひさしぶりの再会を果たし、
その次の日は熊本から出てきてこちらでお嫁にいった友人の結婚お披露目パーティーに
出席します。
そんなゴールデンウィークです。
久しぶりになかなか充実しているG.Wだなと思います。
ワクワクしております。

さて、みなさまにひとつ、
一足先にお知らせがあります。

というのも、6月にライブを行うことになりました。

日は6月26日(日曜日)、
場所は渋谷ネストのラウンジのところで。
ランチ付きのランチライブのイベントです。
気づけば、昨年のクリスマスライブから半年ぶりになります。
(気長に待ってくれていた方、お待たせいたしました。
ありがとう。)
是非遊びにいらしてくださいね。

改めてお伝えしたいこともありますので、
来週明けごろ、
またこちらのブログ等で詳しく発表させていただきたく思います。
取り急ぎお知らせでした!

p.s
最近、遅ればせながら、角田光代さんの「八日目の蝉」を読みました。が、
すばらしかったです。映画もみたいなー。永作さんの演技がすごそう。



2011/04/24//Sun * 02:34
○うたう パロマ

ふと気づくとどんどん時間が過ぎていきます。
やばーい と思いながらも、
どうしても眠くなって寝ちゃうことも多い。
なんでこんなに眠くなっちゃうんだろう。
春だから?
いや、私の場合は年中か。

少し前ですが、
世界三大テノールのプラシド・ドミンゴのコンサートへ行きました。
(これは、このコンサートに行けると知る前日に
何気なくyoutubeで彼の歌声を検索して聞いていたという、
素敵な偶然のあったいわくつきのコンサートでした。こういうのってふしぎ~)
アンコール最後にみんなで歌った「ふるさと」は、
会場全体がみんなの美しい声で震えて、心が震えました。
この音楽会で心を救われた人はたくさんいただろうと思う。
私もその一人。
まさかドミンゴのコンサートに行ける日が来ると思っていなかったから、
本当に貴重な体験でした。
震災の中、来日できなくなるアーティストさんも多い中、
私たちを勇気づけに来てくれたドミンゴ氏の意志を
尊敬致します。

そして先日は、
ずっと楽しみにしていた美輪明宏さんの「愛の讃歌~エディットピアフ物語」
を見に行きました。
美輪さんのエディットピアフ、すごかった。
数年前に映画で見たピアフ物語は、
すごくリアルで見終わった後、しばらく動けないくらいに落ち込んでしまったのだけど、
舞台版、美輪さんの演じるピアフ物語は
もう少し客観的に見れた。
ので、後味も良かったというか、
純粋に美輪さんの歌うシャンソンも楽しめた。
それと、
言うのが少し恥ずかしいが
愛の波動みたいなものをすごく感じました。
それにしても、
美輪さんのフランス語の発音が素晴らしい。
そしてあのパワー。圧巻です。
だいすき。


違う国の言葉の歌を、
原語で歌うというのは、
やはりそれならではの醍醐味がありますよね。

私のとっても好きな曲で、
ポルトガル語の「ククルクパロマ」という曲があります。
あれをすらすらと歌えたら最高だ。

ククルクク~ パロ~マ~

あー切ない曲だなぁ。

カエターノの歌声もだいすき。

youtubeでめっけた。
ククルクク~

ククルク・パロマ(映画「トーク・トゥ・ハー」より))




2011/04/13//Wed * 00:51
○いわきの友達

私の大学時代からの大事な友人の一人が、
いわき市に住んでいます(実家)。

あれから連絡は取り合っていたのですが、
今日久しぶりに電話で話しました。
学校の教師をしている子なのですが、
今の状況を、生の声を聞いてこれまたなんとも言えない気持ちになりました。
私の訪れたことのある、海近くの場所が本当に
信じられないようなことになっているって。
他にも聞いた生のリアルな話に、
言葉をなくした。

言葉になりません。

言葉にならないよ!!


昨日あった地震でまたもや断水になってしまっているそう。


それでも、
電話の向こうから家族とのやりとりが聞こえたり、
愛犬の鳴声が聞こえたり、
今までと変わらないささやかな日常が少し見えて、
彼女の変わらない声を聞いて
少しは安心しました。

ちなみにこのワンちゃん、
最近、部屋の中のものを必死に口にくわえて移動させようとするんだってさ。
なんだか焦ってる感じなんだって。
でも、結局部屋が散らかっちゃうだけなんだよー って
笑い話だったんだけど、

ワンコも何か察知してるんだなぁって思った。
これは、なにかただならぬことが起こってるんだなと。
ぼくもなにかしなくちゃ!って。

彼女が言っていました。

もう明日なにがあるか分からないって思ったら、
一日に何かひとつでも、ちいさなことでもいいから、
よかったーって思えることしなきゃって、
好きなことして後悔しないように生きなきゃって。
ほんとにそう思うよって。

そう教え子達にも最近話してるよ って。

言っていたよ。



今日私が一気に読んだ本、
木内鶴彦さんの著書「生き方は星空が教えてくれる」
がベラボーーーーーーに良かったのですが、
(気になる人はマジで読んでみてください。激オススメです。
読後、叫びだしたいような気持ちにかられました。)
シンクロニシティ的に、この本からも同じようなことを感じ取ったし、
自分自身の中でもそういう考えがもともとあるから(前回のブログにもそんなよなこと書いたし)、

今の彼女の声がより心に響きました。




2011/04/06//Wed * 20:00
○さくら

ふといつも通る道を歩きながら空を見上げると
満開の桜。
ずっと先までつながる桜並木に思わず圧倒されました。

また春がやってきたのだ、と。

すっかりあたたかくなって。
光の力が増したように感じます。

先が見えなくて不安に思ったりもするこの毎日ですが、

とにかくいつも、笑顔でいたいなぁと思います。

そしていつも「考えて」いたいと思います。


そして、好きなことをやっていよう。

3月11日から、
私の中で何かがまた変わったり動き出しているように感じています。
日本全体でももちろん、
世界レベルでも、
何かがまた変わろうと、
静かに、そして大きく、
うねりのようなものがやってきているような
そんな気がします。

なんだか胸がざわつく日々。

確実に、
私の心に何かが付け加わったように感じる。

でも、
今までと変わらず、好きなことをやっていようと思います。

それが、ある意味では
世界につながるのかもしれない。
わからないけれど。

みんな、みんな、
自分の人生を大切に生きようね。

そして、ときどき、(あるいは、できる人はいつも、)
となりにいる誰かや、
遠くにいる誰かのことを思って
なにか小さなことでもできたなら、
最高だよね。

それが、何かの一歩になるかもしれないよね。

たとえ目に見えてそうならなくっても、
そんなふうにいられたら、
何か心がやさしくなれて、
生きていることを少しでも幸せだなって
思えるよねぇ。

そんなふうに、ちいさなところにも心を持って毎日を過ごしたいなぁと
ささやかに思います。





2011/03/29//Tue * 16:34
○しあわせと となりあわせ

わたしの中学時代からの親友が、
家族のように思っている親友が、

新しい命を授かった。


かれこれ15年来の付き合いである。
今までずっとそばでお互いを見てきた、
おそらくなんでもお互い知っている、
特別な友人だ。

その彼女に赤ちゃんができた、ということは、

私にとって予想以上の
本当に心からの喜びと感動と驚きであった!

今まで何度となく聞いてきた、誰かに赤ちゃんができた という報告の
(それももちろんうれしく感じていたのだが、)
何十倍もの興奮と感動!であった。

もしかしたら、姉の初めての妊娠のときよりも大きかったかもしれない。

それはでも、
やっぱり彼女と私には言葉で言えないくらいの長い深いつながりがあるからね、
当たり前のことかもしれない。

少女だったあの子が、
いつしか女性になり、
いくつか恋に悲しんだり、
傷ついたり、
そして深い絆で結ばれたパートナーとついに夫婦となり、
そして新しい命を授かった!

これは、本当にすごいことだよ。

命が生まれるってすごいことだよ。



震災の日にこの世に生まれた子供たちもいるだろう。
震災の日にお母さんのお腹の中に生まれ落ちた子もいるだろう。

そして、震災の日に、亡くなった方たちもたくさんいらっしゃいます。
このことを思うと、
言葉にならない痛みが胸を襲う。

しかしながら、こんなふうに、

残酷で悲しいことと隣り合わせに、

しあわせも存在しているということ。



この生きていることの尊さ。



あたりまえのような日々が、
実はあたりまえではないということ。



奇跡のような瞬間の積み重ねでここまできたこと、
これからも行くことを、

決して忘れてはいけないと思った。



彼女から生まれ出てくる その子は、

この先一体どんな世界に出会っていくのだろう?




<< back [TOP] next >>
copyright (C) 2006 Michiluca Days all rights reserved. [ template by *mami ]
//
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。