○ Profile

Michiluca

Author:Michiluca
Welcome!!

○ Michiluca's site
○ Calendar
03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
○ New
○ Archive
○ Michiluca Only
Twitter

simon's tweets < > Reload

Search
QR
QRコード

--/--/--//-- * --:--
○スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



2011/03/20//Sun * 14:17
○まずできること。

日本赤十字社に募金をしました。

イチロー選手やその他有名人の方達に比べると本当に微々たる額ですが
それでも、すこしでも役に立てればと思います。

もっと自分にお金があれば、とか、もっと影響力のある人間ならば、とか
ふと思う気持ちも少しあるが、
そんなことは今問題ではなく、
自分にできることがあるならそこで協力していくのがまず第一歩だと思った。

節電もひとつです。

なるべく暖房器具を使わないで、寒いときは家では毛布にくるまったりしています。

そして、祈ること、願うこともひとつだと思います。

それから、
しばらくしたらまたもっと他にも具体的にできることが出てくるかもしれません。


大きな大きな犠牲を伴ったこの大災害、まだたくさんの不安要素があります。
しかし、原発に関して言うならば、もしかしたらこの先、今まで言われていた
クリーンエネルギーの利用を余儀なくされ、本当に日本が変わるときがくるのかもしれません。

と、感じたりしていますが、

まだ今は現状の回復のために多くの方が尽力されていることを忘れてはなりません。
そして、今まで原発の力のおかげで与えられてきた私たちの豊かな生活というものに気づき、
感謝の気持ちも忘れてはならないと思います。

「原発」の気持ちになってみたら、
彼らも今まで、人間に必要とされるために健気に頑張ってきてくれて、
今回のようなことになってしまって、わざと人間たちを危険にさらそうなどと思っている訳ではないと思います。
だから、今までさんざん世話になっておいて、「原発なんて!」と極端に考えるのはまたちょっと違うよな、
と思っています。有り難かったんだ、という想いと、今はひたすら頑張ってくれという想いでいっぱいです。


「地震」にしても、「津波」にしても、事はただ起こっているのだと思います。

しかし、私たちはこの世に生かされている限り、
これらの出来事とうまく共存していくためにはどうすべきかということを、
やっぱり責任を持って考えていかないといけないんですね。

私ははっきり言って、今回の事がなければ、原発に関してのことや
津波に関しての事や、知らなかった事がたくさんありました。
無知だった自分を少し恥ずかしいと感じています。


そして、たくさんの被災の映像を見て、
人間の儚さ、自然のものすごさ みたいなものを感じました。

とにかくいまは、
自分にできるささやかなことからやって、
たくさんの問題が確かに解決していく事を祈るばかりです。

[TOP]
copyright (C) 2006 Michiluca Days all rights reserved. [ template by *mami ]
//
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。