○ Profile

Michiluca

Author:Michiluca
Welcome!!

○ Michiluca's site
○ Calendar
03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
○ New
○ Archive
○ Michiluca Only
Twitter

simon's tweets < > Reload

Search
QR
QRコード

--/--/--//-- * --:--
○スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



2010/11/22//Mon * 13:40
○子供に教わる。

先日、姪っ子が生まれましたー!

姉の二人目の子です。

今回、友人の結婚式のため帰省していてちょうど時期が重なったので
そのまますぐ姉のいる大分へ行き、
しばらく姉の代わりに甥っ子を面倒みたりと貴重な体験をしてきました。
甥の侑生はもうすぐ4歳。
彼もずいぶん大きくなりましたがまだまだちっこいです。
子育てって大変なんだなぁと思いながらも、
でも子育てってなんだか感動することもいっぱいあるんだなと思ったり。
自分もかつて子供だったけれど、この子の今現在持ってるこの感覚、
もう忘れているなぁと思うことがあったり。
小さな体で毎日たくさんのことをいろいろ感じながら
全身で生きてる!
それに侑生はよく歌う。
常に歌っていた。なんでも歌にしていたw。
ときどき
「なっちゃんの歌は?」
と聞かれるので、天の川をちょっと歌うと、
「違うよー!」
と笑いながらだめだしされたり。(といわれましても~笑)
しばらく一緒に過ごせてほんとに楽しかったな。
本当にかわいい。

勉強になったのは、
子供というのは、声を荒げて怒らなくても、
どうしてこれをしたらいけないのか、というのを
しっかり伝えようとするとどうやら伝わるようだということだった。
ときにはビシッと怒るときも必要なのだと思うけれど。
子供は意外に色々よく分かっていて賢いようだ。
なかなか興味深い。もちろん、じっさいにもっと本当にやってみないとわからないことだけどね。
みなさまそうやってお子様を育てているのだろうし私もそうして育てられたのだし。
しかし、自分もいつか、この、子供を一から育てる、という人生の一大事業をできたらうれしい。
私が今までもらってきたいろいろのものを、
いつかは自分の子供に今度は返していくことができたらうれしい。

ほんのひとときでも今素晴らしい経験ができたこのことは大切にしようと思います。
侑生くん、これからも健やかに育ってくださいな。
もうお兄ちゃんだしね!
(この自覚は小さいながらに結構あるらしい。)

そして、生まれてきた姪っ子ちゃん。
私の帰省中に生まれてくるようにお腹の赤ちゃんに言っといてね と
姉に頼んでいたのだけど、
本当に言うとおりに、しかも具体的にお願いしていた日に、
ちゃんと生まれてきた。
すごいなぁ。
赤ちゃんは、ちゃんと聞いてるんだね、きっと。
お腹の外から聞こえてくる声、ママの声、気持ち、
きっと伝わってるんだなぁと思った。

侑が生まれたときには私は東京から向かうことができなかったから
今回初めて、生まれたての赤ちゃんを抱っこすることができました。
生まれて一日目の赤ちゃんを抱っこしたのなんて
考えてみれば本当に生まれて初めてです。

なんて小さいんだろう!
だけどちゃんと爪も生えている。
心臓がドクドクしている。
不思議だった。
ずっとただ眺めているだけでも飽きない。

これからこの子達は一体どんな子に育っていくのだろう?

大分と東京で離れているけれど、
遠くながらも私もこの子達の成長を見守っていきたいと思います。

また次に会えるのが楽しみ。

最近の新曲で「母」をテーマに書きたいと自分の中で思っている曲があるのだけど、
今回のこの体験も胸に、大事に歌いたいなと思った。
歌詞も少し書き直そう。

素敵な日々を過ごせたことに感謝です。

DVC00429.jpg


[TOP]
copyright (C) 2006 Michiluca Days all rights reserved. [ template by *mami ]
//
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。