○ Profile

Michiluca

Author:Michiluca
Welcome!!

○ Michiluca's site
○ Calendar
03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
○ New
○ Archive
○ Michiluca Only
Twitter

simon's tweets < > Reload

Search
QR
QRコード

--/--/--//-- * --:--
○スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



2010/06/20//Sun * 12:45
○気持ちの問題

電車やバスで今や当たり前にある 優先席。

ときどき、乗ってきて即座に、優先席に座っている人を怒って
自分がそこに座るお年寄りを見かける。

私はなんだかそれはちょっと違うんじゃぁないか、と思ってしまうのだが
どうなのだろう。
そこは「優先」席であって、優先されるべき人がいないときは、
だれでもそこに座ってもいいのである。
それに、若くて健康そうに見える人でも、
そのとき ものすごく気分が悪くてどうしても座らないといけない人も
いるかもしれない。
そもそも本当は「優先席」なんてわざわざ書かなくても
それは気持ちの問題で、思いやりから席の譲り合いというのはなされればいいことであって。
そこが「優先席」と書いてないなら絶対に譲らなくていい 
ということでもないはず。

先日、バスでお年寄りに席を譲ったら、
その方に何度もお礼を言われた。
そんなに言われるほどのことじゃぁないのに、と思ったが、
そのおじいさんはきっとこれまでいい人生を送ってきた人なんだろうな
なんて ちょっと思って、いいひとだ と良い気分になった。
そして、あのとき怒っていたおじいさんとつい比較してしまった。

自分が年をとったときには、
お礼を言ってくれたおじいさんのような心持ちでいられるように
今から心に止めておこうと思う。


[TOP]
copyright (C) 2006 Michiluca Days all rights reserved. [ template by *mami ]
//
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。