○ Profile

Michiluca

Author:Michiluca
Welcome!!

○ Michiluca's site
○ Calendar
03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
○ New
○ Archive
○ Michiluca Only
Twitter

simon's tweets < > Reload

Search
QR
QRコード

--/--/--//-- * --:--
○スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



2010/01/21//Thu * 01:55
○オーシャンズ

試写会に行ってきました。

oshanz.jpg

面白かったー。


映画を見ていて一番しみじみと思ったのは、

『この世で人間だけがあくせくして生きているな。』
とゆうことだった。

サメと人間が寄り添って泳いでいるシーンで特にそれを感じて、
なんだか胸がギュンとなった。

私たち人間は、一体なんのために知恵を付けていったのだろう。

本能だけで生きる生物たちと(心もあると思うけれど)、
それ以外に脳の発展を手に入れた私たち人間と、
どう違うのだろう。
どちらがしあわせなのだろう。比べることでもないのかもしれないけれど。
しかしなぜ、私たちはいろいろなことに悩みながら生きていくのだろう。
人間とゆうものは、生きるのに本当に必要なもの(食べ物や睡眠など。)以上のものを
常に求めて生きているけれど、それはどうして?

なんだかわからなくなった。
もともとわからなかったけど、
ますますわからなくなった。

輪廻転生とゆうものが、もしかしたらあるのではないかと私は思っているのだけれど、
そうすると、もしかしたら昔は私も白熊とか、イルカとか、ちっこい虫とか、
そんなときもあったかもしれないぞ、
なんて思うと、
余計になんだか、もっと自然のものと寄り添いあっていきたいなぁとゆうようなことを
思ったりする。
 
で、たまたまなんだか私たち、動物たちよりちょっと脳みそにしわがあって、
色々考えたり言葉を喋れたりするものだから、
動物たちよりすごいんじゃないかみたいな気になったりするかもしれないけど、
はたまた黙ったままの自然よりもすごいんじゃないかと思ったりするかもしれないけれど、

それは間違い。絶対間違いだ。

私たちはすごくはない。

いや、すごい部分もあるとは思うけれど、「~よりも」とゆうわけではないんだと思う。

私はむしろ、自然界ものたちが、
なにごとにも惑わされず静かに呼吸して生きていることが、すごいなと思う。

私がこんなちっぽけな文章を書いている間も、
大きな海の底で、広い大地の上で、
いろんな生物や木々やなにやらかにやらが、おおらかに生きていることを思うと、
なんだか脱帽する。



[TOP]
copyright (C) 2006 Michiluca Days all rights reserved. [ template by *mami ]
//
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。